photoblog
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 作品撮りで撮った写真は宣材として使えるのか? | main | フォトコーチング受講者の声 >>
フォトコーチング始めました!
何かスポーツを始めた時、最初のうちはなかなかうまくはできませんね。
頭で理解して、それをやってみて、コーチからアドバイスを受け、反復練習をしていくうちに、いつの間にか頭で考えなくても勝手に体が動くようになります。

写真に撮られることも、そういう意味ではスポーツと同じだと考えています。 誰でも最初はカメラを向けられた時にどうしたらよいのかわかりません。 撮られて、その写真を見て、次に撮られる時はこうしてみようと頭で考えて、実践して、という繰り返しができる人が写真写りがよくなっていきますし、そのようなことをしない人はずっと写真が苦手のままです。

つまり写真に良く写るようになるためには、スポーツと同じように練習することが必要です。
撮られるプロであるモデルさんは当然ながら撮られるスキルを上げていかなければなりません。 しかしどのようにしてそのスキルを会得すればよいのかというのは、モデルスクールや事務所でもそれほど教えてくれるものでもないようです。


僕は10年の間、延べ千人以上の方の撮影をしてきました。僕は撮られる側ではありませんが、撮る側からどのようにすればより良い写真になるかということを現場で試行錯誤しながら実践してきました。
その内容を体系化して提供することにより、写真写りが悪いと悩んでいる方のお役に立てるのではないかと思い、このフォトコーチングというメニューを作りました。
メニューはこちらです。


メニューはプロコースと一般コースの2つがありますが、ここではプロコースについて説明します。

プロコースはモデル志望の方、新人モデルさんなどプロになりたい、あるいはなったが、まだ撮られる経験がほとんどなく、良い写真が撮れていないという方や、ある程度モデルとして経験はしてきたが、写真に苦手意識があるとか、写真写りが悪いと言われる、というような方を対象にしています。

コーチングの仕方は、座学で行う会話セッションと、実際にカメラで撮影しながら行う実技セッションの2種類があり、始めは会話セッションを1回から数回行い、その後実技セッションを行うという流れになりますが、ご希望のテーマのみ単発でもお受けします。


会話セッションでは現在の状況や課題などをお聞きした上で、今後の改善への道筋を一緒に考えていきます。 また、撮影にあたって知っておいたほうが良い次のような内容を、ご希望に応じてレクチャします。

・宣材写真と作品の違い
・宣材写真のディレクション方法
・撮影イメージを決める流れ
・衣装、ヘアメイクについて
・撮影場所の種類と特徴
・撮影現場で知っておくべきこと
・撮影時のカメラマンとのコミュニケーション
・良いカメラマン、ダメなカメラマン


実技セッションでは、主に以下のようなテーマで実際に撮影→写真を見て改善点洗い出し→撮影 の繰り返しにより撮られ方を身に付けていきます。内容はご希望によりカスタマイズします。

・表現のヴァリエーションの増やし方
・笑顔の作り方
・自然な表情を作るコツ
・脚をキレイに撮られるには
・自然なポーズのコツ

フォトコーチングについてのお問い合わせ、お申し込みはこちらからどうぞ!