photoblog
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< vi-taで宣材撮影 | main | フォトコーチング始めました! >>
作品撮りで撮った写真は宣材として使えるのか?
以前こんな記事を書きました。

宣材写真のディレクションは誰がやるのか?
作品撮りとは
作品撮りをうまくやるには

この続きで、今回は「作品撮りで撮った写真は宣材として使えるのか?」というお話をしてみたいと思います。
おさらいしておきますと、


・宣材撮影
  モデルさんなどがお仕事を取るためのプロモーションツールとしての写真を撮影すること

・作品撮り
  カメラマンやヘアメイクなどのクリエーターが自分の作品として使う写真を撮影すること


であり、目的が全く異なります。
違う言い方をすると、写真に写し込もうとしているものは

・宣材写真:モデルがアピールしたいもの
・作品  :クリエーターが表現したいもの

上記の2つがたまたま同じものであれば宣材写真としても作品としても使える、ということになります。 そんなに都合の良い偶然が起こる確率は低いはず・・・なんですが、写真というのは撮る人撮られる人が意図しているもの以外のものも写り込んでしまう、モヤモヤとしたというか、ある意味アバウトな世界なので、意外に違う目的で使えたりするんですね。
で、このモヤモヤしたアバウトな世界を少し整理してみます。



写真には撮る人が意図的に写し込んたもの以外にも、いろんなものが写っています。
例えばあるモデルさんが、自分の首から肩にかけてのラインがキレイだとよく言われ、そういう部分を見せるお仕事を何度か取ったこともあったとします。
つまりこの人のアピールポイントのひとつは首から肩にかけてのラインで、宣材の中にはこのラインがキレイに写った写真を入れたいわけです。

で、あるクリエーターの作品撮りに協力して撮った写真に、偶然この首から肩にかけてのラインがきれいに写っていたとします。
しかしこの作品を宣材として使うには、このラインが写ってさえいればいいという訳ではなく、写真全体のテイストも含めて宣材としての要件を満たしていないといけません。
例えばこの作品に男目線のセクシー感がただよっていて、事務所的にアピールしたいのが清楚でさわやかなイメージだとすると、この作品は宣材としてはNGでしょう。
逆に言えば写真全体のテイストも含め、宣材写真としての要件を満たしている写真であれば、宣材として使える。ということになります。


図にしてみます。




上の図で、横軸は宣材としての要件を満たしている度合い。
要件はもちろん人によって様々ですので、具体的に写真のどこがどう、とは一般論では言えません。

縦軸は作品度。例えば作り込みまくっている写真、アートな雰囲気がただよっている写真、は誰が見ても作品度が高いように見えると思います。 しかしそれとは逆に、ナチュラルテイストな作品を撮る人もいます。
ですので一見作品っぽい写真だけが作品度が高いかというとそいういう訳でもないところが難しいところです。 そこで「作品度とはそれを創る人が表現したいと思ったものが写り込んでいる度合い」 と言えばまぁ正確かなと思います。

A,B,Cの3つのゾーンそれぞれ、「例えばこんな写真」という例を載せています。

Aは作品度が高くて宣材度が低いゾーン。
例の写真は極端ですが、アートのようなメイク。ここまでくると誰が写っているか分からないですから宣材としてはもちろんNGです。

Cは逆に作品度が低くて宣材度が高いゾーン、
スタジオで宣材撮影メニューで撮ってもらう写真には、この例のような白バックでオーディション用によく使われるような感じの写真が多いと思います。
こういう感じの写真を作品として撮っている人もいるかもしれませんので、一概にこれが作品度が低いとは言えませんが、まぁ多くの方がそう感じるだろうということで、ここではCゾーンに入れます。

Bは作品度も宣材度も高いゾーン。
例にあげているアップのカットは、室内で光に包まれているような柔らかい空気感を出そうとしました。僕としては表現しようとしたものが写っている写真です。モデルさんの顔立ちや表情もしっかり写っているので宣材度も高いはずで、実際宣材として使っていただいています。



宣材として使えるのは、図で言うと当然ですが宣材度が高い右側のBかCのゾーンに入る写真ということになります。
つまり、「作品撮りで撮った写真は宣材になるか?」
の答えは、

「あなたにとってその作品の中に、あなたがモデルとしてアピールしたいものが写り込んでいて、かつ写真から受けるイメージが事務所がアピールしたいと考えているあなたのイメージと一致しているのであれば、宣材としても使えますよ!」

ということになります。

この図を見ていると、いろいろ書きたいことが湧きだしてきますが、ちょいと長くなってしまったのでまた別の機会に!