photoblog
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 作品撮りとは? | main | vi-taで宣材撮影 >>
作品撮りをうまくやるには
前回の続き、作品撮りについてです。


作品撮りするには自分がほしいイメージを創るために必要な人たちを集めないといけません。
まずこれが関門で、どういう人と組むかで作品のテイスト、クオリティが決まります。それにお互いにイメージを伝え合うためのコミュニケーションスキルも重要です。
クリエーターというのは変わった人が多いですから・・まぁ僕もそうですが・・笑 コミュニケーションするのに苦労することもあるのではないかと思われます。


モデル撮影の作品撮りに参加してくれる人を探すのにこんなサイトがあります。僕もずいぶん昔にここに登録していましたが、嫌な思いをしたのをきっかけにやめました。世の中いろんな人がいるものです。


作品撮りの参加者みんなが使えるようなのを撮りましょう的なセッションの場合、かかった経費は参加者で割り勘にすることが多いと思います。
逆にカメラマンなりヘアメイクさんなり、ある人がほしい作品を撮るために、他の人たちが協力する場合もあります。
この場合は協力してくれる人にギャラを払うことが普通でしょう。


前者のやり方が、経済的負担は少なくてすむし、みんなが使う写真が撮れるのだから一見いいんじゃないかというふうに見えるかと思いますが、しかしそういう作品撮りを公平感を保ちながら進めることは難しく、1人だけ得をすることが多いのではないかと思っています。
メンバの中の声の大きい人に他の人達が引きずられて、結局その人がほしい写真は撮ったけど、自分が使えるものは撮れなかった・・・なんてことになりがちなのではないかと思われます。もちろん作品撮りの全てがそうだとは言いませんが、気をつけないと一人だけ得をする会に参加されられた、ということになってしまうこともあるかと思います。


そもそも参加者各人の目的が違うのですから、本気で自分のほしいイメージを追求しようとすればするほど、つまりお遊びではなくて真剣勝負になればなるほど、1回のセッションでみんながほしいものができるなんていう都合のよい話にはならない、と思っていたほうが間違いないと考えています。


ということで、僕のおすすめは、参加者のうち1人がほしいイメージのものに絞り込んで他の人はそれに協力してあげて撮る、それを持ち回りで複数回行う。というやり方が公平で良いのではないかと考えています。
つまり1回の撮影の中でディレクションする人は1人だけ。とすっきり明快にするということです。
そうすれば参加者が自分のやるべきことに集中でき、よりクオリティの高い作品ができるのではないでしょうか?