photoblog
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< モノクロがカッコイイ | main | 作品撮りとは? >>
宣材写真のディレクションは誰がやるのか?
宣材写真の撮影時、カメラマンやヘアメイクさんが「こんなポーズいいんじゃない?」と明らかに思いつきや自分の好みと思える内容の指示をしていたり、「指示してもらうのが当然」と思っている新人のモデルさんがいたり、というような場面を見かけることがあるのですが、それはちょっと違うんじゃない? と思います。


宣材写真はモデルさんにとって最重要のプロモーションツールです。
選考の最初の段階で写真でふるいにかけられたり、あるいは写真だけでお仕事が決まることもあるようです。
モデルさんそれぞれは顔立ちもキレイでスタイルもいい。でもオーディションではそういう人達の中から選ばれなければなりません。絶対評価ではなく相対評価、つまり比べられるわけです。
ということは、ほんの僅かでも他の人たちよりアピールできる所がどこなのかを知り、そこを見せていかなければお仕事が取れません。


つまり、モデル市場の中での自分の強みやアピールできるものを写真の中に写し込まなければ、競争力のある宣材にはなりません。
見せたいものが何か分かっていない人に表現をまかせてしまったら、結果の出せる宣材を手に入れる確率が減ってしまいます。


では見せたいものが分かる人、あるいは分かっているべき人、は誰でしょうか?


日々、オーディションに行き、直接クライアントのコメントを聞き、お仕事を取れた時や取れなかった時にその理由を確認したり、というようなことの積み重ねによって、市場の中での自分のポジショニングや、他のモデル達より優れている差異化ポイントが見えてくるはずです。
宣材写真を作るには、見せたいものをコンセプトとしてまとめ、イメージの方向性を決め、そのイメージに合ったカメラマンやヘアメイク、スタイリストの手配、準備から撮影、撮ったカットのセレクト、といった作業が必要になります。
これらの各場面で決めなければならないことが多々出てきますが、その基準、ものさしとなるものは最初に立案する「見せたいもののコンセプト」であって、これを一番わかっている人が各段階でジャッジする必要があります。
各場面でジャッジできる人、つまりディレクションできる人は所属事務所のマネージャーさん、モデルさん本人以外にはいないはずです。


冒頭に書いたカメラマンやヘアメイクさんからの「指示」のことですが、宣材撮影時にカメラマンなどの外部の人間が指示をすることが全部NGと言っている訳ではありません。
その人が宣材写真が明確な目的を持ったプロモーションツールであるということを理解しており、今回の撮影のコンセプトや見せたいものを把握していて、モデルさんの立場に立ってアドバイスができる人、であればそういう人のアドバイスは積極的に聞いたほうが、表現のヴァリエーションが広がり使えるカットが更に多く手に入れられると思います。


経験を積んでいるモデルさんの場合は当然ながらディレクションは他人にまかせられないということを理解しています。
先日、あるモデルさんの宣材撮影をさせていただいたのですが、事前にこのモデルさんからヘアメイクさんと僕に今回撮りたいイメージを伝えられました。
そこには、今回撮りたいパターンそれぞれのテーマ、撮りたい写真に近いイメージの参考写真、その時に着る衣装写真、してほしいヘアメイク内容、などがわかりやすく示されていて、さすがと思いました。ここまでしていただけるとヘアメイクさんも僕もイメージの共有ができて、とてもやりやすいですし、なによりモデルさん自身が、ほしいイメージの写真を手に入れられる可能性がぐんと高まるでしょう。


とはいえ新人さんの場合、まだ分からないことも多い中で、仕切れと言われてもハードルが高いですね。
まずはマネージャーさんや先輩のアドバイスをもらいながら、ということになると思います。カメラマンなどに相談するのもよいですが、先に書いたとおり相手をよく選んだほうがよいと思います。


僕はサラリーマン時代、領域はもちろん異なりますが、多くの企業のお客様に対してコンサルティングをした経験があります。
コンサルティングというのは相手の立場に立って、相手に代わって専門ノウハウを投入しつつ、今後どうしていくかのやり方を立案、アドバイスする仕事で、領域が違ってもコミュニケーションの方法や進め方のフレームワークは共通に使えるところが多いです。このコンサルティングノウハウに加え、多数の宣材撮影をしてきた経験をベースにディレクションのお手伝いをさせていただくことが可能です。
最後はちょいと宣伝になってしまいましたが、多少はお役に立てるかと思いますので、お悩みの方はお気軽にご相談ください。